ワードプレス(WP)でリンク切れを定期的に自動チェックする

ブログの記事が多くなってくると、つい最新記事ばかりに力を使ってしまい、過去記事はほったらかしになってきます。

リンク切れがあると、それだけでいかにも情報が古そうですし、SEO的にも問題になります。「Broken Link Checker」は全自動で定期的に全てのリンクをチェックしてくれます。

導入方法

「ダッシュボード→プラグイン→新規追加」から Broken Link Checker を検索して、インストール及び有効化します。

作者は海外の方のようですが、ありがたいことに、すべて日本語化されていました。有効化後は、特に何も設定しなくても自動で全ての記事のチェックが始まるようで、何もしてないのに10分後くらいにリンク切れのレポートがメールで届きました。

一応、オプションをチェックしていきます。

オプション設定

「ダッシュボード→設定→Broken Link Checker」からオプション設定が行えます。リンク切れレポートは「ダッシュボード→ツール→リンクエラーをチェック」で見れます。

かなり細かくカスタマイズできます。全て日本語なので迷う所は少ないです。

私の場合は一点だけ、ぷらすぶろぐではYouTubeの動画をかなり張っているので、「リンク種類チェック対象」の「埋め込まれたYouTubeの動画」「Embedded YouTube videos (old embed code)」 の2つを追加チェックしました。

オプションを変更後、すぐにYouTubeから削除された動画を発見してくれました。いい仕事します。

素晴らしいプラグイン

「Broken Link Checker」を導入後、3つのリンクエラーを発見してくれました。その内2つのエラー内容は「403 Forbidden」と「500 Internal Server Error」でしたが、ブラウザから確認してみると2つとも問題なくページは表示されます。

ちなみに「403 Forbidden」の方のリンク先は「WordPress Codex 日本語版」で、ここはかなり大きなサイトなので リンク切れは考えにくく、チェック時の一時的な問題と判断して「リンクエラーではない」と設定しました。

もう一つは先ほどのYouTubeの動画で、早速リンクを貼り直しました。

3つの内の2つがリンク切れではありませんでしたが、638リンクからの3つですので精度は高いと言えます。これでリンク切れ問題から解放されるのですから、100記事を超えたら必ず導入したいプラグインであると言えます。

 

広告