ドラッグの毒々しさが美しい『All You Can Feel』

Cocaine
コカイン

カフェインやコカインなどのあらゆるドラッグを拡大プリントしたアート作品『All You Can Feel』。合法・違法の垣根は国や州によって異なるので一概には言えませんが全て依存性薬物です。ドイツ人アーティスト Sarah Schoenfeldさんの作品。彼女がベルリンのナイトクラブで働いているときに目の当たりにしたドラッグの現実から発想を得たとのこと。作品からは毒々しく冷たい印象を感じます。

以前、『水からの伝言』という本が話題になりました。水に「ありがとう」などのポジティブな言葉を見せると綺麗な結晶ができ、逆にネガティブな言葉なら汚い結晶ができるという内容でしたが、そこに科学的な根拠はなく、ポジティブ・ネガティブの言葉の曖昧さ、綺麗・汚いという美しさへの感受性を考慮すると、ふわふわとした人類至上主義的な印象でした。

ドラッグは依存性が強いので取り扱いが危険なのは間違いなく、違法になるのは社会的には正しいですが、あくまでそれは使い方次第だということ。アートは表現者の主張なので、どのような着色が行われても問題はありませんが、「結晶が汚い・毒々しい=悪い」のような決めつけをしない余地こそ大事だと感じました。

 

カフェイン

Caffeine

 

LSD

LSD

 

スピード

Speed

 

エクスタシー+ファンタジー

Fantasy+Ecstasy

 

ヘロイン

Heroine

 

メタンフェタミン

Crystal Meth

 

マジック

Magic

 

ケタミン

Ketamine

 

バリウム 精神安定剤

Valium

via KALTBLUT MAGAZINE

Sarah Schoenfeld

 

広告