3DCGによる最新の肌表現

1

SIGGRAPH 2015で発表された3DCGによる肌表現の技術論文『Skin Microstructure Deformation with Displacement Map Convolution』。顔の3Dモデルはすでに現実と区別できないレベルですが、さらなる正確性をということで、顔を細かくスキャンした画像を元にディスプレイスメントマップを作成しているようです。

3DCGで顔を再現するには、単純にモデルにテクスチャーを貼り付ければ、それなりにリアルな出力を得られます。しかし実際の皮膚は、光沢のある半透明な皮の下には乱反射する肉があり、さらにシワは伸びる方向によって具合が異なるので、正確な再現には想像以上に高度なテクニックが要求されるようです。

スポンサーリンク

 

2 3

 

4

 

Skin Microstructure Deformation with Displacement Map Convolution

 

 

スポンサーリンク