かわいい配色ガルフカラーの謎

水色とオレンジの配色のガルフカラー。可愛いですよね。たまに自転車でも見かけたりします。

このガルフカラー、Gulfオイルというオイルメーカーの名前からきてます。

Gulfオイルは100年以上の歴史があるアメリカのオイルメーカーで、60年代にモータースポーツ、ル・マンに参戦し、フォードGT40に、このガルフカラーを配色したのが始まり。

このガルフカラーについて考察しているサイトがあったので、翻訳しつつご紹介します。

スポンサーリンク

この色は、ガルフレーシングチーム内での正式名称では、

  • 3707 Zenith Blue
  • 3957 Tangerine

と呼ばれているそうで、GT40のためにLlewellyn Rylandsにより開発されたそうです。

コーポレートカラーの青はもっと濃い

Gulfオイルのコーポレートカラーはロゴで使われている2色で、オレンジは同じですが、青が異なります。コーポレートカラーは、もっと濃い青ですね。

でも、実際に採用された青はパウダーブルーだった。これが何故か。
「そんなん色々試して格好良かったからちゃうの?」って最初は恐らくそうなんですが、後付でもデザイナーは理由を説明する義務があります。

まず、もしコーポレートカラーの青で全体を塗ってしまったら、濃すぎますよね。
恐らくガルフチームは一応試したんでしょうが。
「じゃあどんな青を?」ってんで、
「視覚的にポップでかつ、光学的に振動しないような青を選んだのでは」とリンク先のデザイナーは憶測しています。

光学的に振動ってなに?

「光学的に振動ってなに?」って思いますよね。
それは「Equiluminant Colors」という現象によって色が振動することだそうです。
この単語、辞書に載ってないし、まだ日本語対応するほどポピュラーではないようですが、
ざっくり「明るさ(明度)が同じ色の境界は、人間には認識しにくいから振動して見える」って感じ。
Richard Anusziewiczというアーティストが、その現象を利用した作品を残しています。

Richard Anusziewicz, “Plus Reversed”

たしかに、じっと見てると、目がチカチカするというか、クラクラしてきます。

このことから、青をオレンジ色と同じ明度にするわけにはいかなかった。

そのため、オレンジよりも薄い明度であるパウダーブルーが選ばた。
という、何ともそれらしい理論が展開されていました。科学的なようでアカデミックなようで、私がクライアントならとりあえず納得してしまいそうです。

Design Friday. The Color of Gulf Racing.

一方、私は「なぜ格好良く見えるのか?」という方向で考え、
そもそも人が快適に感じる配色とか音楽のコードに何故があるのか?
とか、考えました。

GT40格好いい

Fiatもガルフカラー

Ducatiもガルフカラー

 

 

スポンサーリンク