さらにゲームに近づいた無人機プレデターのコックピット

無人機のコックピット

先日公開されたジェネラル・アトミックス社の無人機、MQ-1プレデターとMQ-9リーパーの新しいコックピットが、まるでフライトシミュのゲーム環境のようです。

合計6台で構成されたディスプレイは全て24インチで、上段は120度の3画面。下段は左から計器・マップ・チャット&E-MAILなどのテキスト情報の3枚。

 

今までのコックピット

今まで公開されていたコックピットは、ラックにマウントされたモニターや機材がいかにも業務用という感じでしたが、UIを追求すれば、着地点はフライトシミュと同じになるんですね。

2

3

遠隔操作で地球の裏側の無人戦闘機を操り、戦場に参加できるこのシステムは、ゲーム感覚で人を殺せるし、ミサイルが敵を直撃する瞬間まで淡々とモニターされるので、パイロットへの精神的ストレスも大きいようです。

General Atomics Unveils Enhanced Drone Cockpit | Defense TechのスクリーンショットGeneral Atomics Unveils Enhanced Drone Cockpit | Defense Tech

 

広告