やる気あるのか?映画史上最低のスペシャル・エフェクト集

top

World Wide Interwebが選んだ映画史上最低のVFX集。今見ると確かにしょぼい。でもCGの進化が著しい時代だったので、当時はこれでもアリだった。PS2とかで育った世代には信じられないでしょうね。

 

 

 

ディープ・ブルー 1999年 – Deep Blue Sea

サミュエル・L・ジャクソンの扱いに驚いた記憶が。

01

 

ハムナプトラ2/黄金のピラミッド2001年 – The Mummy Returns

今見ると安っぽいCGですね。PS2レベルな。

02

 

ロボコップ1987年 – RoboCop

名作だしED-209の合成は良かったけど、このシーンはひどかったね。

03

 

ジョーズ3 1983年 – JAWS 3

3D作品だそうで。アマチュアレベルの安っぽさ。

04

 

モータル・コンバット 1995年 – Mortal Kombat

95年ならこんなもんかな?質感もひどい。

05

 

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス2009年 – Mega Shark vs Giant Octopus

ネタ映画なのでこれはこれでいいのか。

06

 

エアフォース・ワン 1997年 – Air Force One

そんなに悪くはないかな?という印象。

07

 

エスケープ・フロム・L.A. 1996年 – Escape from L.A.

笑えるけど許せるレベル。

08

 

Kidnap 2008年

モーション早すぎる。数フレームの出来事だ。

09

 

スパイダー 2001年 – Along Came a Spider

全然いい感じです。

10

 

キング・コング2005年 – King Kong

ちょっと浮いてるけど悪くないよ。採点厳しい。

11

 

Birdemic – 2010年

やる気なさすぎ。酷い。

12

 

ぼくのエリ 200歳の少女2008年 – Let the Right One In

特に違和感感じないかな?

13

 

ロスト・イン・スペース 1998年 – Lost in Space

当時はこのCGでも見どころだった。

14

 

ヴァン・ヘルシング 2004年 – Van Helsing

予算ない中で頑張った感はでてる。

15

 

ディープ・ライジング コンクエスト 2002年 – Shark Attack 3

割り切ってるから逆に良い。

16

 

007 ダイ・アナザー・デイ 2002年 – Die Another Day

007シリーズってたまにやらかす。

17

 

ランゴリアーズ 1995年 – The Langoliers

これ当時見たけど、当時の視点でも「ダメCGだなー」って感じたの覚えてる。

18

 

ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀 1986年 – Howard the Duck

これはまあパペットの時代なので味です。

19

 

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 1997年 – Star Wars:Episode IV Special Edition

THX版で追加されたシーンだよね。アリでしょう。

20

 

ミスト 2008年 – The Mist

たしかに安っぽさを感じるシーンはあったけど、全体的には良かったよ。

21

 

広告