超自然に異なる世界を合成した写真

1

Swedenの写真家Erik Johanssonさんの作品。自然な合成技術によりまったく異なる世界が交じり合い、その境界線を意識させません。作者自ら『レタッチアーティスト』と名乗っており、新たな分野を切り開いています。

作者によると「(写真により)瞬間を切り取っている訳ではなくアイデアを切り取っている。私にとって写真は、頭の中のアイデアに気づくための素材を集めるもの」とのこと。確かにフォトグラファーというよりは、レタッチアーティストの方が的を得た表現のような気がします。

 

2

 

3

 

4

 

5

 

6

 

7

 

8

 

9

 

a

 

Photographer Erik Johansson

 

広告