月別アーカイブ: 2013年5月

限界までシンプルにした動物のロゴ

1

デザイナーGeorge Bokhuaさんの作品。単色ですがネガティブスペースを巧みに使っており究極にシンプルな形になっています。これ以上特徴を削いでしまったら認識できなくなる限界点といった感じ。何が残すべき特徴で何が不必要か、そんな視点で周りを眺めてみるのも面白いです。 続きを読む

カレンダーPDF作成サービス『デザカレ』で壁紙画像との合成が可能に

4s_calendar_2013_05

先日リリースしたカレンダーPDF作成サービス『デザカレ』。デザカレは簡単に写真入りのカレンダーPDFが作成できますが、今回のバージョンアップで出力がPDFだけでなく画像も選べるようになりました。これによりスマフォやPCなどの壁紙にカレンダーを合成できるようになります。 続きを読む

可愛すぎリアル・ブレーメンの音楽隊

1

動物の上に乗った動物の写真や動画を集めたブログ『animals riding animals』。ブログテーマの目の付け所が半端ありません。同種の動物ならコアラの親子とか珍しくない気もしますが、他種となると、どうしてそーなったと突っ込みたくなります。しかし細いことは抜きにして動物同士が仲良くしてるのは純粋に微笑ましいです。 続きを読む

iPhone Screenshot Makerにクリッピング機能を追加

ipad

iPhone Screenshot Makerにクリッピング機能を追加しました。出力画像から指定領域を切り抜きます。フレームつきのスクリーンショットは画像サイズが大きくなるので、WEB用だと大きすぎる場合が多々あります。クリッピングの一括処理は地味ですが便利だと思います。 続きを読む

身近なものに潜むアート

1

アメリカのミネアポリスで活動されているBROCK DAVISさんのアート作品。身近な物にヒネリを加えている作品が多くて楽しいです。イラストのセンスや作風に、ややドライだけど暖かな絶妙な空気を感じます。「アイデアとは既存の要素の組み合わせ以外の何ものでもない」を思い出しました。 続きを読む

カレンダーPDFを無料作成するサイトつくりました

top

カレンダーのPDFを作成するWEBサービスを公開しました。無料で利用できます。

出来るだけカンタンにデザインカレンダーが作れるということで、サービス名は『デザカレ』。写真入りもできてスマフォ対応です。スマフォ単体でカレンダーを作成してコンビニでPDFをプリントなんて流れも可能。

PDFは印刷用フォーマットですがPhotoshop等でも読めるので、素材としてカレンダーが欲しい!なんて時にも重宝すると思います。 続きを読む

キアヌがハマリすぎてて笑えるモダン・ルネサンス

1

ルネッサーンス情熱ーということで、クラシックな西洋絵画とハリウッドスターをコラージュした作品。Worth1000で”modern renaissance”というタグで投稿されており作者はバラバラです。日本だと浮世絵でコラとかになるでしょうか・・・それもアリかもしれません。 続きを読む

自転車ライトの新しい形

1

一見普通の自転車用ライトに見えますが、格子が投影されて路上の凸凹が見やすいですよというコンセプト。すごい切れ味のアイデアです。実際こんな綺麗に格子状に投影されるのかなー?とかも思いますが、もし製品化されたら是非試してみたい。

設計ではスピードに応じてノーマル・ハイスピード・チームの3つのグリッドサイズが用意されているようです。どこでもTRON気分が味わえそう。 続きを読む

顔に見える雲

1

顔に見える雲を顔認識技術で抽出して集めたアート作品。ソウルのアートグループ『Shinnseungback Kimyonghun』の作品です。具体的なメソッドは不明ですが、おそらく録画した空の映像に対し、1フレーム毎に顔認識プログラムを走らせるのではないかと思います。技術ありきの発想ですが見事です。

入力ソースをGoogle画像検索あたりにすればソースを用意する必要なく心霊写真アートとかできそうと思いましたが、著作権等を考えると、対象を空にしたのはとても合理的といえます。 続きを読む

おもしろ画像だズキューン

1

はい。すいません。

続きを読む