月別アーカイブ: 2014年1月

本当に怖い18才女子のセルフ特殊メイク

top

セルフ特殊メイクをアップしているルイジアナ州 Stephanie Fernandezさんの作品。本格的というか生理的にマジで怖い仕上がりです。怖いメイクって色々あると思うんですが、色使いとかもう宇宙的で、ビヨンドイマジネーションというかビッグな想像力を感じてしまいました。思い切りが潔い。彼女は18才ということで今後の活躍が楽しみです。 続きを読む

もはや究極のRealtree社の迷彩服

top
Realtree Xtra® Camo

今の迷彩服はこんなに凄い。もうこれ以上は望めなさそう。これらは米Realtree社の迷彩服で、戦闘用というよりハンティング用途のようです。森の種類に合わせたラインナップが揃っております。

公式サイトにオンライン通販がありますが、なぜか迷彩柄の女性用ハンドバッグもあって、さすがアメリカンなセンスだねと眺めているうちに、そんなに悪くない気もしてきました。 続きを読む

羽生さんの決断力

a

私は将棋が指せないくせに何故か棋士に憧れがあって、羽生さんの本を何冊か読んできた。もちろん『3月のライオン』とかも大好物だけど、それはとりあえず置いといて、なぜ興味を惹かれるのかを考えてみると、黙々と思考という一点で、プログラミングとかのエンジニア気質に繋がるからかな?と感じてる。

羽生さんの本は私にとってハズレなく面白いんだけど、直前に読んでる『決断力』から、日常的にひっぱれる教訓というか名言を。 続きを読む

世界初になるか長編油彩アニメ『Loving Vincent』

1

ゴッホの絵画を使って彼の生涯を振り返るアニメーション作品『Loving Vincent』。まだ製作途中のようで、資金調達のためKickstarterで寄付を募っています。

製作工程を見るとデジタルではなくアナログでアニメーションを作っているようで、完成すれば長編では世界初の油彩アニメとなるようです。想像するだけでお金かかりそう。デジタルにはない新しい魅力がでるか、そこが大きな見どころになりそうです。 続きを読む

壁紙にブラー&スマホとピッタリサイズにするWEBサービス『picrop』

1

好きな画像にiOS7のようなブラー(すりガラス)加工をしたり、様々なデバイスとピッタリサイズにトリミングできるWEBサービス『picrop』を公開しました。IE9では動きませんがスマホ含む殆どのブラウザで動作します。

トリミングでは拡大縮小や回転が直感的にできます。ブラー効果のほか、背景色と透明度を組み合わせることで簡易的な色調補正もできます。 続きを読む

命張ってる古典映画のスタントマン

2

おそらく100年程前のサイレント映画のスタントマン。一歩間違えたら死にそう、というか死んでないか?と思うようなシーンもありますが、映画も最初は「写真が動いてる!」ってだけで驚かれたと思うのですが、あっという間にエスカレートしちゃてますね。

階段落ちのようなシーンもありますが、売れない大部屋俳優の命を張った生き様が描かれる『蒲田行進曲』も、商業主義が幅を効かせる近年の映画にはない熱さがあって、今だからこそ見ておきたい一本です。 続きを読む

ちょっとキモいマッチが燃える瞬間

1

もはや最後にマッチを使ったのがいつだったか全く覚えていません。子供の頃はマッチの箱じゃなく壁とかで点けてるダンディな姿に憧れたものですが、結局そのマッチを使うことは無く生涯を終えそうです。そんなマッチの先端ですが、よく見るとブクブクと先端が沸騰しており、蓮コラを連想させるようなグロテスクな感じで、こんな雑学を披露する機会も一生ないかもしれません。 続きを読む

なんということでしょう世界一の狭い家

top

世界一の狭さというか細さの家。ビルの隙間に建てられたその家は幅72~122センチとのことです。設計者はポーランド人デザイナー Jakub Szczesnyさん。

日本でもたまに極細の家とかテレビで出てきますが、世界一ってのがどこかに認定されたものなのかは微妙ではあります。たしかに生活はできそうですが息が詰まるかも。でも天井が高いのは開放感ありそうです。 続きを読む

ハリポタのエマ・ワトソンの新恋人のコラ

1

『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンに新恋人が!とパパラッチされたそうで、世俗離れしてるせいかイマイチ興味はないんですが、イケメンを絵に描いたような彼氏ですね。そして海外では早速コラージュされ、その意味不明さがシュールで面白かったのでシェア。どちらかと言えばコラした人に興味がでます。 続きを読む

高音質&低価格と話題のUSB DAC 『PC100USB』

1

しばらく前からネットでは売り切ればかりで、ようやくAMAZONから出荷してもらえた『PC100USB』のレビューです。 ボリュームコントローラーという位置づけですが、DACを内蔵しててUSB DACとしても使えるし、なにより音も良いとのことで話題になってるみたいです。私は新PC用にちょうど手頃なUSB DACを探してたので飛びつきました。

ちなみに定価8,400円のところ、AMAZONで5,954円にて購入できました。 続きを読む