月別アーカイブ: 2014年9月

韓国のデジタル彫刻

1

彫刻かと思いきや水滴にブラーが!?。3DCGでした。韓国のKyuin Shimさんの作品。画像だともう区別つきません。現実で作ったとしても、見る側の99%は何らかのメディア越しでしょうから、もうCGでいいのかも。バーチャルとリアルの垣根がジワジワと曖昧になってきています。 続きを読む

ペットが死んだらスグ次にいけるか問題

top2-570x274

先週、飼っていたベタが死んだ。赤のベタで、水槽の前を通ると人影に感づいて寄ってくるし、エサをあげる時は待ってましたとジャンプして喜んでた。ちなみに寝る時は水草の上にそっと乗っかっていた。

ベタは2匹以上飼うと死ぬまで殺しあうロックな魚なので1匹飼い。1匹飼いだと熱帯魚といえど愛着がでる。 死んで次を買うか水槽をしまうか悩んでいるうちに一週間経ってしまった。ペットが死んでスグ次を飼うか、というか飼えるか。というのは、結構その人の価値観が現れるところな気がする。恋人と別れてもスグ次にいけるかどうか。ということにも近いか。

自分の生活を充実させるのに躊躇する必要なんてないし、死んでしまった子への裏切りってわけでもないんだが、あまりに変わり身が早いってのは、なんとも軽く感じてしまう。

みーが死んで、次のネコを飼おうと捨て猫サイトを巡った事があったが、こっちだあっちだとネコのスペックを比べているうちに、少しでも良い猫(黒猫がいいとか大人しいとか人に慣れてるとか)を探してる自分に「そーいうこっちゃないよな」と思えてきて、探すのを止めてしまった。

みーは偶然が重なって飼うことになった子だけど、そーいう偶発的な出会いでないと私はダメのようだ。出会いの潔癖症みたいなところがある。

突き詰めると、自分の欲を通すか、逆に受け入れるか、そこらへんを考えているようだ。

閲覧注意な巨大カタツムリのペット

1

かわいい!のか微妙なところな巨大カタツムリ。ペットだそうです。気持ちよさげに撫でられてるけど、そもそも昆虫ってキモチイイって感じるのかな?というかカタツムリって虫なのか?→google先生によるとタコとか貝とかと同じ軟体動物だそうです。1ヶ月ほどの記憶を保持できる能力があるとのこと。タコって頭いいもんね。知的生命体やん。なるほど火の鳥未来編はナメクジだったし!
続きを読む

ものすごい海好きな犬

1

海水浴客には目もくれず。大好きなんだね。 続きを読む

Macのエディタどれにするか問題

nekobean_with_cat_sメインPCがWinからMacになってから、なかなかエディタが決まらない感じでした。
Win時代はTeraPad→Sakuraエディタと渡ってきて、エディタはフリーでという感覚だったんで、Sublimeいいんだけど高くね?という印象で、Macになってからはmi、Atom、CotEditor、Fraise、Sublimeをいったりきたりしてました。

Win時代からvimには何度かトライしてるけど、敷居高くてどーしても挫折してしまって。WEBデザインはどのみちマウス使うからGUIなエディタでいいんですよね。 続きを読む

人や物に似てる犬

1

プーチンとチューバッカ似てるなぁ。 続きを読む

iPhone6の240fpsスローモーション動画まとめ

a

iPhone6は3日で1000万台も売れて、APPLEによると歴代最高だそうで、iPhone10とかどーなってるの?とも思いますが、このまま右肩上がりが続くのでしょうか。ここ連日はネットも6関連の話題が多く、iPhone 6 Plusは、曲がるとか、ちょっと怖いですね。曲がるくらいならNexus7みたくプラスチックの方がいいかもな。質感は下がりますが。

それでiPhone6なんですが、毎度ながら着実にカメラ性能が向上しており、今回は720pで240fpsというスローモーション撮影ができます。以前からコンデジでもスローモーション撮影ができる機種がありましたが、コンデジに比べメモリに余裕があるからか、720pという高画質はとても実用的。

「でも何を撮影したらいいかな?」と被写体には困りそう。Youtubeに続々と試し撮りがアップされております。 続きを読む

iPhoneスクショメーカーにiPhone6を追加しました

4

iPhone Screenshot MakerにiPhone6を追加しました。3色×縦置き、横置き、左斜め、右斜めの計12種類です。iPhone6 Plusは追加していませんが、ノーマルと外観に大きな違いはないのでスケール変更で対応できるかと思います。 続きを読む

超リアルな色鉛筆イラスト

1

色鉛筆とアクリル絵の具で描かれた超リアルなイラスト。Karla Mialynneさんの作品。小学生から使うような一般的な画材でも極めると凄いですね。細部の色の違いを明確に判別できるんだろうなぁ。見る訓練ですね。 続きを読む

デジタルアートのプリントサービス『Curioos』

1

ニューヨークとパリに拠点をもつデジタルアートのプリントサービス『Curioos』。デジタル世代っぽいセレクトがお洒落です。アーティストとの契約も募集しております。

用紙は20x30cm〜100x140cmからチョイス。出力はエプソンの大判インクジェットStylus Pro 9900で行っているようです。オプションで額縁も選べます。注文から5日以内に発送とのことですが海外対応はお問い合わせを。 続きを読む