月別アーカイブ: 2015年9月

Wimax遅い

wimax

うちのネット回線は現役でノーマルWimaxで、Wimax2+への移行もせず細々と使っていたのだが、ここ数日で著しく通信速度が低下した。いよいよ名古屋でも速度規制が実施されたようだ。

公式の制限告知では40Mbps→13.3Mbpsと3分の1になるとのこと。で、実測だと以前は5-6Mbpsだったのが1.5Mbpsくらいに落ちた。だいたい3分の1で告知通りだ。ちなみに1.5Mbpsってどのくらい遅いかというと、ちょっと大きい画像だと上からゆっくり表示されていく過程が見えるという、古き好きインターネッツを思い出しそうなノスタルジックな速度となる。yuckである。

さすがにPCからの普段使いだと苦しいので、いよいよ対策に迫られた。 続きを読む

iPhone6sのカメラ性能を歴代iPhoneと比較

top

歴代iPhoneによるカメラ性能比較。iPhoneは新型登場の度にカメラ性能も大きく向上してきましたが、今回のiPhone6sでは前機種iPhone6の800万画素→1200万画素に大幅アップ。4K(3,840×2,160)での動画撮影にも対応しました。解像度が必要以上に大きくなっても容量を食うだけだし、まあそこはホドホドでもいいような気もしますが、歴代のカメラ性能を比較すると進化の凄さに驚きます。

今見れば初代iPhoneの写真なんてボケボケで見れたものではない。という気もしますが、たしかに今の機種と比べれば画素数は低いですが、単体だけで見たら悪くない描写かなと思います。そこらへんの味付けが流石アップルという感じです。 続きを読む

ドローンで橋をかける

1

ドローンを使ってロープで橋をかける研究。ドローンの活用って空撮以外だとなかなか難しそうで、ピザやアマゾンの配達にしてもまだまだ課題が多そうですが、このアイデアはなるほどという感じ。

人の重さに耐える強度を得るには、7.4mの橋を作るのに、現状ドローンが扱えるロープの重さで約120mのロープ長が必要のようです。単純に数本のロープを渡すだけでは当然ダメで、荷重を分散できる構造を構築していく必要があるみたい。

動画だと器用にロープを編みこんでいますが、これ実際に外で使うとして、ヒュッと突風が吹いて絡まった場合のエラー処理とかリカバリが猛烈に大変そう。

ともあれ研究が進み、どこでも橋を掛ける事ができるようになれば、活躍の場は広そうですね。 続きを読む

エンタープライズD散策ツアー

top

スタートレックの宇宙船エンタープライズDをUnreal 4 Engineで再現しているプロジェクト『EnterpriseD 3D Project』。ゲームではありませんが、トレッキー魂が炸裂している超絶クオリティなのでぜひ動画を。エンタープライズDは、セクシーなスキンヘッドでお馴染みピカード艦長が指揮する『The Next Generation』シリーズの船です。

動画はシャトルが艦内に入っていく所からスタート。シャトル内のコンソールやトラクタービームで誘導される点など芸が細かく、シャトル格納庫の出来も凄すぎ。艦内の各部屋から見える恒星の位置の変化などは本編よりリアルそうです。そのうち公式からお声がかかりそうなプロジェクトであります。 続きを読む

愛の笑えるGIF大会

top

紙一重とはまさにこれ。ドバイっぽいし謝礼金たくさん貰えそうだ。 続きを読む

手が込んだコインのイタズラ

top

その情熱は一体どこから?というレベルである。 続きを読む

ANIMALSERIES

top

台湾で活躍されているアーティスト堉泉(Yu Chuan)さんによる油彩『Animal series』。ふとFFの天野喜孝を思い出しました。彼のタッチが気に入ったらBehanceの他のシリーズも素敵です。 続きを読む

ちっ!気に入らないネコ

top

彼女の名前はB.J.だそうです。かわいいw 続きを読む

氷のようなクリスタル彫刻

1

カナダ人アーティストJames Houston氏によるクリスタル彫刻。氷のような質感のクリスタルと、その中に静かに浮かぶ魚がマッチして美しい。カナダということで魚はサーモンでしょうか? Houston氏は2011年に亡くなられており、作品には数百万という値段がついているそうです。 続きを読む

妙な気持ち良さ、クリーチャーが合体していくCG映像

viscous

SIGGRAPH 2015で発表された最新の3DCG映像。ピンクのクリーチャーがペタッペタッと同化していく動きが何とも気持ち良い。パーティクル流体による粘体シミュレーションです。

徐々に粘度が変化して同化しなくなる様もとてもリアルです。ところでパーティクルなのに粒っぽさをほぼ感じさせませんが、動画の後半に、水のようにクリーチャーが溶けていくシーンがあり、そこでツブツブ感が認識できます。 続きを読む