月別アーカイブ: 2016年1月

ネコvsイヌのチェス対決

1

ぐだぐだ〜 続きを読む

iPhone×マクロレンズの作品

1

iPhoneと『Squidcam』というマクロレンズ付きケースで撮影された綿毛。アナログっぽい粒子感と背景の色合いがいいですね。iPhoneとマクロレンズだけで十分作品として通用するクオリティーです。 続きを読む

自然な目線が撮れる?義眼カメラ

1

義眼カメラで未知の映像を。彼はRob Spenceという名の映画製作者で、自らを『Eyeborg』と名付け活動しています。

彼は9歳の時に散弾銃のかけらが目を直撃。右目を失いました。それから26年後の2011年。右目に義眼カメラを装着することを決意。このカメラは次々とアップグレードを繰り返し、現在は無線で映像を飛ばしスマホで録画できます。

カメラは彼の神経とは繋がっていないし、オーバーヒートが原因で録画時間は3分がリミット。しかしこの義眼カメラで撮影する彼の正確な視点からの映像は、フィルムメーカーとしての彼の大きなアドバンテージになるかも。 続きを読む

命をかける物理学者

bbq

命をかけて物理法則を実証する物理学者Andreas Wahlさんの動画。ノルウェーの番組NRK Vitenによって作成されました。人間BBQでは、彼は水をかぶった状態で火のなかをくぐり抜け、12メートル落下実験ではロープの反対側にある重りにより彼は地面に衝突することなく止まります。

水中で銃に撃たれる実験では、銃弾は水の抵抗により勢いが激減。しかし話はそれますが、映画『プライベート・ライアン』では水中で銃弾を受けて負傷する兵士が描かれますが、銃弾は水中に入ってから2、3メートルは威力を保つようですね。 続きを読む

カウンタックのローポリ・モデル

1

究極のローポリ・モデルが実写化。これはUnited Nudeというブランドがデザインした車で、ローポリの元になったのはランボルギーニの名車、マルチェロ・ガンディーニがデザインしたカウンタックです。 続きを読む

イスタンブールの曲面都市

top

ガンダムのコロニーみたく遠方が壁になっていく世界。イスタンブールの写真家Aydin Buyuktasさんの作品です。場所はイスタンブールだそうです。

映画『インセプション』や『インターステラー』で見事に実写化されていますが、あちらは3DCG。Aydinさんのメソッドについて最初はGoogleマップを素材にしている?とも思いましたが、斜めからの写真もあるのでドローンで空撮してるかな? 続きを読む

コンテナが2LDK一軒家に

1

コンテナがパタンパタンと開いて家になる。オーストラリアの企業が販売しているコンテナハウス『EBS Block』。出来上がる家は2LDKで家族4人でも大丈夫なサイズ。もちろん水道や電気設備も考慮された設計です。

一度展開して家具を設置してしまったら再びコンテナに戻すのはそれなりに大変そうですが、これなら家ごと移動することも可能。オーストラリアのように広大な土地がある国ならではの商品です。 続きを読む

体毛に絡みつく『水ガラス風呂』

top2

水ガラスという物質。英語でLiquid Glassというそうですが、溶けたプラスチックのような物質です。これを入れたバスタブに人間が入ったらどうなるかという、熱湯コマーシャル的な体を張った動画。ネターっと体にまとわりつき体毛に絡みつきます。罰ゲームだこれ。 続きを読む

RolandのBluetoothスピーカー『JC-01』

top

スタジオなどに置いてあるRolandのギター・アンプ『JAZZ CHORUS』シリーズ。このデザインを継承したBluetoothスピーカー『JC-01』が発表されました。2月中旬発売で価格はオープン。iPhoneとの比較を見ると小型で卓上サイズといった感じで、机に置いてあったら可愛いですね。

性能的には、バッテリー内蔵でUSB充電。最大7時間駆動。2つの5cmスピーカーによりステレオ再生。ステレオミニジャックとBluetoothのミックスも可能。マイクもついているのでハンズフリー通話もできます。

ただ残念なのはギター入力端子はないのでギター・アンプとしては使えない点。マルチに使えたらいいなと思いましたが、ここは割りきった仕様にしないと音質にも影響するからでしょう。音きいてみたいな。 続きを読む

柔らかそうな石の彫刻

4

石が柔らかくなったように見せる彫刻。スペインのアーティストJosé Manuel Castro Lópezさんの作品。地道に削って加工していくのかな?作ってみたい。 続きを読む