味わい深い俳優の顔を再現したイラスト集『HEADS』

1

映画俳優や監督の深みのある顔をイラストにしたシリーズ『HEADS』。ポーランドのイラストレーター Michal Miszkurkaさんの作品です。クリント・イーストウッド、アル・パチーノ、マーロン・ブランド、ヒッチコック、ロマン・ポランスキーといった絵になる方々の中で、面白いチョイスは『シンドラーのリスト』のアーモン・ゲート役だったレイフ・ファインズ。

レイフ・ファインズは好きな俳優の一人で、『シンドラーのリスト』ではやや抜けた強制収容所の所長役で、シンドラーの助言「許すことが力なのだ」に葛藤していました。一方『イングリッシュ・ペイシェント』では、シャイで情熱的という主人公を演じており、魅力のある役者さんです。

 

2

3

 

4

5

 

6

7

 

8

9

 

a

b

michal miszkurka on Behance

 

広告