自作したい感じの良デザインなスリッパ

イギリスのRoyal College of Artを卒業したGaspard Tiné-Berèsによる作品。

これ以上ないくらいにシンプルな上に、サンダルよりもしっかりした履き心地が期待できそうなデザイン。どれくらい強度があるか使ってみないと分かりませんが、ひもさえ交換すれば長く使えるのかな?

 

型さえあればDIYできそう

これなら自分で作れちゃうかも?

Lasso 2011

These slippers are constructed from a single piece of natural wool felt, their 3D form being created by complex 2D geometry of the pattern. The shapes are die-cut from sheets of 5mm thick felt with minimal, simple and affordable tooling – making this product very suitable for small-scale local production. The slippers are delivered flat-packed for assembly by the user by “sewing” the seams with the standard laces supplied in a colour of their choice. The act of self-assembling the slippers increases the sense of ownership and emotional connection with them and allows for personalisation through the choice of laces used.

このスリッパは天然羊毛の一片から構成され、立体形状は複雑な平面幾何学のパターンによって作られている。
この形は最小シンプルで手頃な設備により、5ミリ厚の布を型抜きしている。この製品の生産は小規模な現地生産にとても適している。このスリッパは薄い梱包で発送され、利用者が自由に選んだ色の標準的なひもにより組み立てられる。自分で組み立てる行動は、所有する喜び、このスリッパと繋がる感覚、使用するひものチョイスを通して、使用者の特定を可能にする。

Royal College of Art graduate Gaspard Tiné-Berès has designed slippers made from just one piece of felt and a shoelace

 

広告