敷布団からマットレスに変えたら目鱗ボロボロ

先日、すのこベッドの敷布団をマットレスに変えてみた。何年も敷布団で寝てたんだけど、去年くらいから朝起きると腰が痛く熟睡できなくなっていた。

若い時は特に問題なかったのに同じ布団で体が痛くなってきたっていうのが、なんか老化を認めるみたいで1年は我慢したが、ようやく変えたという感じ。

スポンサーリンク

 

ニトリでフランスベッドかシーリーか

買うと決まれば、さっそくネットでリサーチ開始。

「ベット 腰痛」とか「ベット 評判」みたいな感じで。まったく無知の分野だが、徐々にブランド名くらいは分かるようになってくる。

シモンズがいいのか。とか。高いなとか。ちなみに予算はシングルで5万位かなといった感じ。

ニトリでフランスベッドかシーリーのマットレスが良いみたいという情報。

一方で、最近のベッドはとかくブランド力競争となっており、ブランドの冠が付くだけで値段が上がるので、しっかり知識を持ったお店で、無名ブランドを安く買うのが良いという情報も見つかる。

 

無名ブランドもターゲットに

というわけで楽天ランキングで無名ブランドも調べてみると、すぐに評判の良いお店が見つかる。

ベッド&マットレス楽天市場店というお店で、ランキング上位をこのお店が占めている。100日間の交換保証って凄い。なんだかページの雰囲気も良さそうだ。

新型の固めJB323Pか定番のMR318Pか、どっちが良いかな? と、もうここで買ってしまおうという気になってきた。交換保証が効いてる。

実は、すのこベッドの前はジェルベッドを使っていた。高価な物を安く譲ってもらったのだが、高いから腰にも良いだろうと勝手に解釈。しかし寝ると腰が痛くなり、全然自分には合わなかった。

結局、腰痛持ちは固い布団が良いという情報から、すのこベッドと敷布団の組合せに変更したのだった。

そんなわけで固めのJB323Pにしようかと思ったが、無料交換するとしたら、先に定番のMR318Pで試して、腰が痛くなったらJB323Pに交換してもらう流れしかあり得ないので、結局ニトリに行くこと無く、MR318Pを購入してしまった。

どうせ店舗で少し寝ても分からないしね。何日も試してみないと。

 

MR318P到着

そしてMR318Pが到着。思ったよりも厚くてしっかりした感じ。心配していた柔らかさだが、試しに横になってみると調度良い硬さ。これぞまさに硬すぎず柔らかすぎずという感じ。

10分くらい仰向けになってみるが、まあ敷布団に比べると背中や腰が痛くないかな?といった印象で、そんなに感動もなかった。なら、こんなにぶ厚い必要あるか?みたいな。

しかし一晩寝てみてビックリ!朝になって体が軽い!腰も全然痛くないし足まで軽い。マットレスって凄いなぁと驚いた。もう一晩寝てみると1日目よりもさらに疲れが取れた感じがして、どんだけ疲労が蓄積されてたんだと。

レビューに「もっと早く買えばよかった」とあったが、まさにそんな感じ。

ああ、もっと早く買えば良かった。

 

MR318Pとその後

ベットをマットレスMR318Pに交換して3年以上経ちました。買い換えることなく今も使い続けていますし、トラブルも一度もありませんでした。そもそもベットで大きなトラブルは少ないかもしれませんが、まだまだ新品同様といった感じで、10年は楽に使えそうです。

この記事にあるように、敷布団から切り替えたときは変化に驚きましたが、その後1ヶ月ほどで感動には慣れてしまい、今はとくに感動はありません。ただこの当時は腰痛に悩んでいましたが今は全くありません。完全に治っています。

ただ腰痛が治っている理由としては、マットレスも一翼を担っていますが、今は毎日ランニングで走っていて体重が落ちているし、椅子に座る姿勢にも気をつけているので、100%マットレスのおかげとは言えません。

ベッド&マットレス楽天市場店

 

 

スポンサーリンク