冬のシャワーライフを根底から覆した足湯シャワー

30代ともなると一人暮らしも板についてくる訳ですが、いよいよシャワーが嫌な季節になってまいりました。シャワーが寒いんだよね!この季節は!かといってお湯を張るのは時間かかるから面倒。

そんなわけで、この時期はシャワーが憂鬱な行事になってしまうんですが、先日ライフハッカーでこんな記事を発見。

寒い季節を乗り切る「足湯シャワー」をすべてのシャワー派にオススメしたい : ライフハッカー[日本版]

釣りタイトルじゃないよな?と、自分の事を棚に上げながらもクリック。

「シャワーを浴びながらバケツ等に足を入れる足湯シャワー」

このアイデア、今までの冬シャワーの常識を覆すほどグレイトでした。これぞライフハック!ライフハッカー疑ってゴメン!この間 iPhone Screenshot Maker 紹介してくれてありがとう!

スポンサーリンク

 

洗面器だと足が入らない

想像するだけで効果ありそうなこのアイデア。記事を見た夜に早速試してみました。
とりあえず洗面器で代用できないかな?と洗面器に足を入れるまでもなく、足が入らないのは一目瞭然。

足の小さい女性なら洗面器でも代用できるかもしれませんが、男性にはムリです。あと後述しますが、たとえ足が入ったとしても、洗面器だと水が溜まる量が少ないので滑って危ないです。人間カーリング状態です。

となると、バケツ等の足湯専用グッズを浴室に持ち込むことになります。少し邪魔になるけど仕方がない。で、ライフハッカーの記事の最後には良さげな足湯専用バケツが紹介してあったので「こんなの欲しいな~」とポチる前に、とりあえず家にあるバケツで試してみる事に。

ウチはゴミ箱や収納にもなる「タブトラッグス」というバケツを使っています。お洒落だし使い勝手が良くて気に入ってるんですが、これを浴室に持ち込むことに。

 

タブトラッグス

そんなわけでタブトラッグスと一緒に浴室に乗り込みます。両足をタブトラッグスに突っ込んでシャワーを浴び始めると、滑って焦りました。「これ思ったより危ない?」と不安になりましたが、水が溜まってくるとビクともしなくなります。

で、すっごい暖かい。想像通り。まさにシャワーとお風呂のいいとこ取り。

普通にシャワー浴びてたら勝手にジャンジャンお湯は溜まります。そのお湯で泡を流したりできて便利。上がった後も湯船に入ったように体ポカポカ。凄いアイデア。冬のシャワーが楽しくなる。

そしてタブトラッグスが、まさに足湯シャワー専用というレベルで都合が良い

何が良いって、グニャグニャの材質のおかげで足に自由が効くところ。そして取っ手があるのでお湯を捨てやすい。最初はぬるま湯になるんで捨てるんですね。深さも調度よくて、座った時も邪魔にならない。

タブトラッグスにはS・M・Lの3種類サイズがあって、ウチは軽くマニアなので3種類共あります。で、今回の用途に向いているサイズはMサイズ。Sも試しましたがMでした。Lは一目瞭然で大きすぎます。一番重要なのは底面の内径サイズ。ここが足のサイズより小さいと窮屈になる。

 

 

測ったらSは内径24cmでMが27cmでした。でもタブトラッグスは伸縮性があるので足のサイズ26.5cmの私でも、Sで少し窮屈な位で使えます。使い勝手は取り回しが楽なSが一番良い。足が25cmくらいまでならSが良いかも。

 

 

もし、この足湯シャワーの為にタブトラッグス買うって人がいたら、シャローサイズもいい。シャローはカタログサイズで上部が直径38cm・高さ16cmの15リットル。こちらの底面内径はおそらく30cmはあると思う。←持ってないので憶測です。

 

足湯シャワーでガンガンお湯が溜まるのを見ていると、今まで無駄に流していたお湯が勿体なかったなぁと、妙にエコな気分も味わえます。

 

 

スポンサーリンク