月別アーカイブ: 2013年9月

ドライフラワーのスマホケース

1

ドライフラワーを埋め込んだハンドメイドのスマホケース。バリエーションが豊富でどれも可愛くまとまっています。台湾のAnnyさんの作品。どれも2,000円前後でEtsyショップにて購入できます。

エポキシ樹脂などの工作キットを使えば自作できそうですが、工程を考えるとかなり大変そう。でも世界に一つというのは魅力的です。 続きを読む

シンプルの美学アンソニーさんのiPhone壁紙

2

Anthony Zinonosさんの壁紙。青と黒、シンプルに色分けされた海上にオールディーズなヨットがプカリ。iPhone4、PC、iPad用サイズが用意されています。

意味深な格言”Minimalism is not a lack of something, it’s simply the perfect amount of something.”は日本語だと『ミニマリズムは何かの欠如ではなく単に何かの完全な総量だ。』になるでしょうか。総量という訳はややピントがズレてしまう気もしますが、最小限主義、必要のない要素を削るのは欠如ではなく完全に近づく。と、ミニマリズムを肯定しています。 続きを読む

Chrome専用の音声認識テキスト化WEBアプリ『Chrome書記』

chrome『Chrome書記』はマイクの音声からテキスト文字に変換するWEBツール。印刷物の文字起こしなんかに使えると思います。

Google音声認識を利用しているので、しっかり発声すれば、とても精度が高いです。Chromeのv25から導入されたWeb Speech APIを使っているので最新のChromeのみで動作しますが、Androidでは今のところ使えません。

認識した文章は、それぞれ変換候補も選べるので役立つと思います。 続きを読む

ホッチキス芯のアイデア

1

ホッチキス芯の最後を知らせる『ALERT Staples』。なるほど便利かも!と気になりました。ホッチキスは何十年も使われてきた道具なので、新しいアイデアはもう出尽くしてると思うんですが、このアイデアなら、あるいは既にメーカーで検討されていそう。ホッチキスを使う側、書類を見る側、どちらへの配慮を優先すべきか考慮した結果採用していない?なんて想像をしました。 続きを読む

ReynoldsさんのiPhone壁紙

1

渋い色調のポリゴン地形がお洒落。Timothy J. Reynoldsさんの作品です。dribbbleにてiPhone5とPC用のサイズがダウンロードできます。 続きを読む

Nexus7 2013で最先端の最後尾に追いつく

1Nexus7 2013。買いました。タブレットは電子書籍用にいつか欲しいなってiPad mini retinaを待ってたんですが、やっちゃいました。

釈明は2つ。Androidアプリを作りたくなったのと、Androidはモッサリ感が・・・と思ってたのに店舗で触ったらサックサクだった。気がついたらWiFi版16GBをポチリしてしまいました。

で、ブロガーなら開封の儀をとも思いましたが、パッケージも内容物もシンプル極まりなく、まとまった記事になりそうでなかったので、レビューがてら感じたことを。ちなみに始めてのAndroid端末です。 続きを読む

遊び心感じるスイカ糖のパッケージ

1

パッケージデザインに遊び心を感じました。商品名は『東下組のすいか糖』。気になるネーミングです。私はスイカ糖自体食べたことがありませんが、ジャムのように使ったり、そのまま食べるんだそうです。ネーミングとパッケージデザインで商品価値がぐっと上がってる気がします。

デザインは黒柳 潤さん。2012年アジアデザイン賞にて金賞とのこと。内側には商品情報が種のように点々と記されています。 続きを読む

なぜ茶碗は区別するのに洋食器はしないのか?

1もし自分の茶碗をほかの家族が使ったらどう思うか。それが家族であっても何か嫌だよね。

でもカレー皿とかの洋食器は共用だよね?という文に出会った。たしかにそうだ。 茶碗には自分のもの!という意識があるなぁと、ちょっと考えることになった。

元の文は、図書室の本には書き込みしないでという、ごく当たり前の注意を促すページにある。

そのぺージは一橋大学大学院国際企業戦略研究科図書室のサイト内にあるが、 そのごく当たり前のモラルの説明が、ターゲットの知的レベルが高いからか妙にアカデミックなのも、何やら矛盾してて一つの見所ではあるけれど、それは取り敢えず置いといて茶碗について。 続きを読む

波の中を覗いてみよう

1

波の中から撮影された写真の数々。アーチ越しに見る世界は綺麗ですね。ビューティフォー。

海で泳ぐの大好きなんですが、気持ちいいと同時にサメとかに襲われそうな恐怖心が常にあって拭いきれない。そんな危機に遭遇する確立が限りなく0なのは頭で分かってるのに。過去に2度、沖合のシュノーケリングで自分よりも大きな魚と遭遇。思い出すのは3割位の恐怖心。ジョーズのトラウマか、慣れるしかないかな。 続きを読む

開花するタイムラプス

1

花が開くまでの間を数秒に短縮したタイムラプス映像。日常では、花はそこらじゅうに咲いており特に珍しくありませんが、一つ一つを観察すると、種ごとに異なる咲き方や動き・構造など、改めて偉大さに驚きます。北村穣さんの作品で、オリジナルは音楽付きでYoutubeで見ることができます。 続きを読む