月別アーカイブ: 2015年11月

50才おじさんの腕立て世界記録

1

腕立て伏せのギネス世界記録は、イギリス人Carlton Williamsさんで1時間2,220回だそうです。彼は50才だそうですが全然見えません。計算すると1分37回で、動画だとスピードはまあこんなもんかという感じですがスタミナが凄いですね。途中何度か休憩をしていますがタイムは止まりません。

世界新に至る経緯として、去年1,874回だったのを3ヶ月ハードトレーニングして今年リベンジ、からの新記録だそうです。向上心を見習わなくては! 続きを読む

淡いポリゴン『interruption』

2

精妙なポリゴンの味付けがカッコイイ。フランス人フォトグラファーMathieu Bernard-Reymondさんの作品『interruption』。 続きを読む

虹が出現、削るカレンダー

1

珍しいタイプの黒いデスクカレンダー。バックが黒だと予定が書き込めないじゃん!と思いきや、付属の竹スティックで削ることでレインボーカラーが出現。オシャレです。竹スティックはリング部分にを収納できる仕様です。 続きを読む

最強のLEDライト90000ルーメン

top

Daniel Rileyさんによって作られた手作りのLEDフラッシュライト。世界最高の明るさで90,000ルーメンだそうです。よくあるハンディ型LEDライトは100〜200ルーメンくらいなので、いかにハイスペックか分かります。

動画では車のライトとの比較(もちろん圧勝です)や、住宅地や森での照射テストが。普通のライトとは違い、山全体や空といった次元の異なる対象を照らしております。 続きを読む

新しい重さを体験できる『Forge Solid』

top

見た目はただの金属キューブの『Forge Solid』ですが、素材はタングステンという重い金属なので、3.8cmの手乗りキューブの重さがなんと1キロ。鉄の2.5倍、金とほぼ同じ比重なので、「なんか凄く重いぞ!」という未知の感覚が味わえますよというインテリア雑貨です。お値段は現在40%オフ中にもかかわらずUS$299と高価なもので、0.5、1インチといった小ぶりのサイズも用意されております。なんに使うわけでもないけど、こういうの欲しくなるな! 続きを読む

生後10ヶ月コアラの赤ちゃん

1

オーストラリアのシンボルといえばカンガルーとコアラ。シンビオ・ワイルドライフ・パークにいるコアラのImogenちゃん。もうユーカリ食べられるんだね。生後どれくらいかな?と思いましたが10ヶ月だそうです。ぬいぐるみみたいでかわいい。彼女のお母さんは白血病で亡くなってしまったので、Imogenちゃんはスタッフの手によって育てられているそうです。 続きを読む

3D油彩シミュレータ

top

SIGGRAPH Asia 2015で発表された最新の3DCG映像。オハイオ大学で開発中の3Dで油彩をシミュレートする技術です。カンバスにはオイル特有の凹凸が見えますが、特に注目はリアルタイムの描画で筆の毛一本一本をシミュレート。色の混ざり具合も極めて自然で、筆を押さえつけた挙動も完璧です。

「ソフトウェアでシミュレートできる限界まで来ている」と感じる技術ですが、やはり油彩は筆へのフィードバックが欲しいし、そこはハードウェアの領域で技術的にも難しそう。ならば最初から本物でいいかな。という元も子もない回帰を考えてしまいました。 続きを読む

あの黒いクリップのバッグ

1

あの黒いクリップ、名前は「ダブルクリップ」というそうですね。注目されること間違いなしのバッグですが残念ながら非売品。デザイナーPeter Bristolさんによるコンセプト・モデルなのでした。自分で作ることもできなくはなさそうですが、取っ手部分が難しいかな? 続きを読む

水彩シミュレータ『Expresii』

top

水彩を再現するWindowsソフトウェア『Expresii』。写真を水彩調に変換するアプリやフィルターはありますが、このソフトはリアルタイムで水の動きや色にじみをシミュレートします。10年の歴史があるソフトということで、再現性を地道に高めてきたのでしょう。非常にリアルです。

対応OSは今のところWindowsのみで、GPU性能もある程度必要です。スマホのようにピンチズームにも対応しているので、ペンタブやタッチスクリーンでの動作を推薦とのこと。Macで使いたい場合はBootcampをとのことですが正式対応が待たれますね。 続きを読む

上空を飛んでいる人工衛星が分かるWEBサービス『Line of Sight』

1

リアルタイムで人工衛星やISSの現在位置をプロットしているWEBサービス『Line of Sight』。しかし、ものすごい数の衛星に囲まれていますね。画面のデザインはミッション・インポッシブルみたいでカッコイイ。右のTypesリストで気象衛星やGPS衛星など種類が限定でき、衛星のラインをクリックすると詳細情報が見えます。

作者はPatricio Gonzalez VivoさんでGitHubにてソースも公開しています。マップライブラリはLeaflet、描画はTangramエンジンを利用とのこと。衛星データのリソース先も記載されているので気になる方はGitHubへどうぞ。 続きを読む