【サバイバル】ガムと電池で火おこし

ガムと電池で火おこし 1

電池とガムの包み紙で火おこし。アウトドアにはライターくらい持っていくでしょうし、果たして今後この雑学が必要になるシチュエーションが人生に起こりえるのか、いや起こらないに1000ガバスですが、万が一に備えて知っておいても損はないですね。

銀紙はアルミ箔と紙がくっついてるので、発熱したアルミ箔によって燃えやすい紙が発火するんですね。なのでタバコとかチョコの銀紙でもいけそうです。「タバコはあるが火がない、でも電池がある」という特殊な状況が発生したらぜひ。

 

ガムと電池で火おこし 2

 

ガムと電池で火おこし 3

 

ガムと電池で火おこし 4

 

銀紙に細い部分があればいいので、手でちぎってもOK。

 

広告