もがれる翼の断末魔『エースコンバット アサルト・ホライゾン』

エースコンバット アサルト・ホライゾン

エースコンバット アサルト・ホライゾンです。 知らない方のために簡単に説明すると、PS3で11年10月に発売された戦闘機のシューティングゲーム。エースコンバットシリーズとしては11作目で、失敗するはずがない安定したシリーズ展開。PS3では初ということで発売前からかなり期待されていました。 かく言う私もその一人で、予約して購入しました。

 

やっちまった!

アサルト・ホライゾンのヘリミッション

新しく追加されたヘリミッション!ポリゴン酔いします。

ゲームはいつも発売後のユーザー批評を見てから購入するので予約はしませんが、このシリーズに限っては大丈夫だろう。と。 今まで10作も成功させてきたのだから、ここに来て失敗するはずがない。と。 「絶対はない」という言葉がありますが、いや、これは絶対に面白いだろうと。 希望的観測をしていたのでした。

発売前に体験版をダウンロードしてみたのですが、「なんだか、面白くないような気がするが、そんなバカなはずはない」という、願望による暗示なのか、正常な判断ができなくなっていたのだなと今になって思います。

 

予約特典に踊らされた!

このゲームの何が面白くなかったのか? 新しく導入されたDFMシステムによって爽快感が無くなったからか? 洋ゲーに感化されたシナリオに見新しさが無かったのか? そこらの事はもうどうでもいいんです。作り手が考えることです。 なぜ買ってしまったのか? そうです。失敗を次に活かさなければなりません。それを学ぶための失敗だったのです。

予約をした理由の一つは、特典として特別な機体がもらえるからでした。同じく予約して購入したグランツーリスモ5では、予約特典として5つの車がもらえました。 この車はゲームの最後まで本気で使える、かなりステキな特典だったのです (他にも300ページ超えのかなり読み応えがあるブックレットも付きました) 。

だからエースコンバットでもらえる予約特典の「F-4E PhantomⅡ」も使える機体だろうと。 勝手に推測してしまったのです。 実際にはまったく使えない、というか最初に持っている機体よりも能力が低いという、 使うステージすら分からない機体でしたが。

分かっています。GT5の予約特典は正直ゲームバランスを破壊していたので、これでいいんです。これで。

そんなこんなで、アマゾンのレビューなんかを見ると大荒れなわけです。 この祭りへの参加券と思えばいいかなと、そんな感じで。

 

広告