1,500円のアナログ中華アンプ『Lepy LP-V3S』レビュー

中華アンプメーカーLepy(リーパイ)の格安アンプ『LP-V3S』のレビューです。特徴はなんといっても1,500円という低価格と、あとは謳い文句によると『BOSE社パワーIC使用』とのこと。

Lepyの代表モデルはデジタルアンプの『LP-2024A+』ですが、『LP-V3S』はアナログアンプ。1,500円のアンプ、いったいどんな音がするのでしょうか?

 

パッケージ

Lepyのパッケージはダンボールの質感を上手に活かしたデザイン。

ただ箱の裏には『LP-2020A』の文字が。2つのモデルで箱を兼用しているようです。「間違ってLP-2020Aが送られてきた!」ってなったよね。

本体はちゃんとミラーマット(白いクッション材みたいなやつ)で包装されてるし、英語の説明書も入ってました。この値段でトーンコントロールまであるのは凄い。

 

安いわけ

このモデルはACアダプターが付属していないので安くなっています。なのでACアダプターは別に用意しなければいけません。新品で購入した場合、アマゾンでだいたい1,000円弱のようです。

アマゾンの商品説明によると、電源はDC12-14.4V3-5Aの範囲で動作するとのこと。『LP-2024A+』のACアダプターは12V5Aなので『LP-V3S』にもそのまま使えます。下の写真は『LP-2024A+』についてきたACアダプターです。

私は『LP-2024A+』との比較用で購入したので、ACアダプターがついてない方が都合が良かったし、Lepyのアンプは車用に使う方も多いようなので、ACアダプターを付属しない方が需要があるのでしょう。

 

外観

値段の割にといったら失礼ですが、そんなに安っぽさを感じないクオリティです。机に置いてあったらテンションを上げてくれる位にはカッコイイと思います。

欲を言えば「LEDが明るすぎるかな」とか「ツマミの質感が」とか言えなくもないですが、値段を考えると黙らざるをえない。

マニュアルによるとケースはアルマイト(陽極酸化アルミニウム)で、ノイズ等の干渉に強いそうです。車はノイズの宝庫なので、厚みのある金属ケースはかなり有効かと思われます。

ちなみに『LP-2024A+』も、まったく同じケースでした。下が『LP-V3S』です。

 

視聴

視聴環境

Source

  • iPod touch 6th
  • Audirvana Plus + Chord Mojo

SP

  • DALI SPEKTOR1
  • PMC TB2SM

写真はiPod+DALIですが、Mojo+PMCでも視聴しました。出力は25+25=50Wで、DALIもPMCも余裕で鳴らしてくれます。SPEKTOR1のインシュレーターは付属のものです。

懐かしい音です。昔使ってた、90年代のCDラジカセやコンポ、カーステレオがこんな感じだった記憶。中域がグイと前にでてきて、人の声、ボーカルを聴くのに申し分ない。そのかわり低域・高域の描画はアバウトだし伸びもないけど、とにかく声は聞き取りやすい。俗に言うかまぼこ型。

このアンプで聴いてから他のデジタルアンプやデノン(PMA-2000IV)に切り替えると、グッとボーカルが引っ込んで線も細くなる。それは一瞬寂しく感じるんだけど、そこにはボーカル以外のステージ/音場があって、それが雰囲気に繋がる。みたいな感じ。

つまり、他のアンプと比べると解像度も甘くて音も平面的なんだけど、それはそれでシャリシャリしてないから聴き疲れしないし、音楽を聴くではなくBGMで流す時とか、こんな音が欲しい時もある。他のアンプと比較しなければ十分アリなレベル。

ちなみにトーンコントロールも立派に機能してくれます。このアンプはおもちゃではないです。

 

ほかの楽しみ

開けるにはT6トルクスドライバーが必要でした。シンプルな基板です。

使用されているICは『STMicroelectronics TDA7377』だったので、BOSEのICではないようです。でも音の傾向はとてもBOSE的。BOSE製品に同じICが使われているのかな。

コンデンサやオペアンプを交換することで、さらに高音質に改造する情報がネットには沢山あるので、購入後も長く楽しめそうです。

Lepy ステレオアンプ LP-V3S 【BOSE社パワーIC使用】V3S シルバー

 

「オールナイトニッポン」のテーマ曲「Bittersweet Samba」が入ってるアルバム。陽気で楽しい一枚です。

Whipped Cream & Other Delights

 

広告