月別アーカイブ: 2015年3月

Apple Watchの好敵手『Ant Watch』

1

Apple Watchの登場により腕時計業界も活性化していますが、その流れを受けAnt Watchなるものが発売されます。時計の中で生きたアリを飼育する事ができるというスグレモノ。価格は59ドル。月に1、2度リューズから砂糖水を注入すれば半年ほど生きるそうです。肝心の時刻を知ることは出来ませんが、リアルなシムアントだと思えば納得か。

以前アリの飼育キットを買って、近所のアリを10匹ほど投入したんですが、閉じた世界では穴掘りする気がおきないらしく、エサに囲まれながら、10匹でスクラムを組んで絶命しました。いろいろ勉強になったのでした。 続きを読む

スーパーのチラシのしおり

1

センスある。なるほど。ちょっとしおりが無くてレシートとか使ったことが何度かあるから、こんどチラシで面白しおりを量産してみようかな。バナナとか。 続きを読む

ブラウアーのヘルメット格好いい

1

ブラウアーという名前のイタリア製ヘルメット。私はSHOEI一筋で知りませんでしたが歴史あるメーカーのようです。デザイン格好いいですね。写真は80’sというモデルで、最新技術にビンテージデザインを採用とのこと。今度ヘルメットを買う機会があったら覚えておきたいメーカーです。 続きを読む

CDを限界まで回したら

1

CDを限界まで回したらどうなるのか?というか限界ってどこだい?という気もしますが、CDプレイヤーの出力をどんどん上げて、回転数が23,000RPMに達するとCDは粉々に引きちぎれるようです。その瞬間をハイスピードカメラで捉えたSlow Mo Guysという2人組による実験。動画の2:10あたりで壊れます。

ちなみにハイスピードカメラはPhantom v2511というモデルで、170,000FPSで撮影されてるそうです。凄い数値ですが、それくらいないと瞬間を捉えられない気もします。ハイスピードカメラの進化も限界まで来てますね。 続きを読む

ニコニコ落書きGIF

1

発電所の煙突などに落書きっぽい表情が書き込まれて可愛くなったニコニコGIF。かわいいw 続きを読む

特に犬のクオリティ高い、超小型ぬいぐるみ

l

超小さい動物のぬいぐるみ、クローシュ編みというそうですが、細かい所まで作りこまれてて出来が良いです。特に犬のクオリティ高くてかわいい。ベトナムのSu Amiさんの作品でEtsyにて購入できます。

ハンドメイドだからか、どれも1万円〜という強気な価格設定。Etsyなら「それでも欲しい!」ってアラブの石油王的な客層がいるんでしょうね。Etsyって高級手芸の一品売りに向いてそうです。 続きを読む

世界最小の電気ドリル

1

世界最小と言ってよいかも?3Dプリンターで作られたコードレス電気ドリル。もちろんスイッチONでドリルが回転します。どこに穴を開けようというのかね。

中身はボタン電池とスイッチとモーターでギチギチ。電気ドリル型ケースこそ設計の要だったという感じであります。ニュージーランド、オークランドのLance Abernathyさんによる作品でした。次はぜひ世界最小のインパクトドライバを。 続きを読む

匠の技ブレード・ランナーの模型

1

ブレード・ランナーの142枚のメイキング写真がImgurにアップされました。タイレル社や2020年の町並みの模型がメインです。光ファイバーのライトが美しい。屋上の一瞬しか映らないシーンでこれだけの作り込み。素晴らしい仕事です。今だったら当然CGだろうなぁ。 続きを読む

異色の組み合わせビールとネコ

1

ビールを飲んで酔っぱらってるネコ?ってことはないだろうけど、ビールが欲しそうなネコとビールのツーショット。冷蔵庫の子かわいいw

ネコとか犬はアルコール分解できないから本当は飲ませちゃダメだよね。でも松阪牛とかビール飲ませるって言うね。牛はいいのか。 続きを読む

アムスの恥ずかしがり屋ライト

top

オランダのデザインスタジオ DRIFTによる『Shylight』。恥ずかしがり屋ライトなのです。開きながら降りてくる姿は単純に「おお!」って動きの美しさがあります。

9メートルも降りてくるようなので相当高い天井ですね。設置場所はアムステルダム国立美術館だそうです。夜になると花を閉じることを就眠運動とよぶそうで、それがヒントになったとか。 続きを読む