Cocos2d-xでiPhone&Androidアプリ開発記11 Androidのデバッグ

logcat

Cocos2d-xによるアプリの新作をほぼ作り終えました。開発はXCode主体で、EclipseはAndroidに対応させる為だけに使っていますが、iOSで動いてもAndroidは落ちることがよくあります。

そこでAndroidによるデバッグが必要になりますが、LogCatからソースの該当箇所を見つける方法と、あとEclipseのAndroid SDK Content Loaderが0%で止まる問題のFixも。

スポンサーリンク

 

Androidのデバッグ情報

Eclipseのデバッグについては詳しくありませんが、標準でEclipse下側のLogCatにログが出力されています。AndroidはLogCatという猫ちゃんでデバッグするのが基本みたいです。

CCLogの出力もここに表示されますが、アプリが落ちた時の情報量は多くありません。そこでMacのターミナルからadbコマンドでクラッシュの詳細を追えます。

インストールしたandroid-ndkフォルダに移動後に下のadbコマンドを実行。私はEclipseと共にターミナルを常に起動させておき、クラッシュした時はスグに確認できるようなスタイルで作業しています。

cd ~/android-ndk-r9d/
adb logcat | ./ndk-stack -sym YOUR_COCOS2DX/projects/YOUR_PROJECT/proj.android/obj/local/armeabi/

HOTSPRING プロジェクト(iOS,Androidアプリ制作・配信): 意外に日本語の解説が少ないandroidのcrash dump の調べ方

 

EclipseがAndroid SDK Content Loader 0%から動かない

Eclipseを何度か再起動すれば機嫌直してくれることもあるんですが、結構な割合で失敗するので対処しました。最初は設定バックアップ後にEclipseのclean起動を試しましたが直らず。ADT Pluginをインストールしたら直りました。Eclipseのバージョンは4.2.1です。

Installing the Eclipse Plugin | Android Developers

吹田の星: eclipseが「Android SDK Content Loader : (0%)」で止まる

 

 

スポンサーリンク