新iPadとEye-Fiは相性最高かも

iPad3きました~。正式名称はiPad3ではなく、ただ「iPad」だけ。しばらくは差別化のために「iPad3」とか「新iPad」と呼ばれそうです。iPad2も継続して販売されるので、新モデルが増えたという感じです。

大きな進化ポイントはRetinaディスプレイ採用とカメラ性能向上。Retinaディスプレイなので相当綺麗な表示になっていると思いますが、そこに価値ありと思うか否かは意見が割れるかも。

デジカメ + iPad + Eye-Fi で最強かも

今回採用されたRetinaディスプレイの高解像度(2048×1536)は、最近の高画素のデジカメ画像に最適。解像度だけではなく色の再現性も40%向上。かなりの高性能ディスプレイと言えます。

プロカメラマンなどの一部ユーザーを覗き、普通の人が家で使ってるディスプレイよりも高性能なわけだから、デジカメの画像を最も綺麗に見ることができるデバイスになる。

これでEye-Fiを使えば、撮影した瞬間に無線でiPadに画像を転送できるので、最強のプレビュー環境が整う。デジイチの撮影は瞬時にiPadで確認というスタイルが、このディスプレイの登場により一気に広がるかもしれない。

そんな状況を見越してか、かなり使えそうなフォトレタッチアプリ iPhoto for iPad が4.99ドルで本日発売。さすが~。

iPad2よりも若干重く厚くなってます

ディスプレイとカメラに加えCPU性能も向上しているのに、バッテリーの持ち時間はiPad2と変わらずの10時間。

いい所ばかりですが、バッテリー容量が増えたために、厚さは 8.8mm → 9.4mm、重さ 601g → 652g と増えています。これ、微妙に結構重くなっています。実際に持ってみても気付きそうなレベル。

Retinaディスプレイと気になる重さは発売日の3月16日からアップルストアで確認できます。個人的に期待していた触覚フィードバックは見送られました。

アップル — 新しいiPad —

新iPadまとめ

  • Retinaディスプレイ採用 1024×768 → 2048×1536へ
  • 色再現性も40%向上
  • プロセッサは4コアA5X
  • カメラ性能の向上
    • 裏面照射5MPセンサー
    • 5エレメントレンズ
    • ハイブレッドIRフィルタ
    • アップルデザインの画像処理プロセッサ
  • 動画撮影
    • 1080p
    • ソフトウェアブレ補正
    • 3次元ノイズリダクション
  • 音声入力
    • 音声テキスト化

 

 

広告