ライフハック

刑務所でタトゥーマシンDIY

tatoo

アメリカの刑務所で手に入る材料からタトゥーマシンを作るDIY。刑務所内で彫っていいんだ。ウォークマンのモーターと電池を使うのがこのDIYの肝ですが、ウォークマンはOKなんですね。日本の刑務所では無理そうです。 続きを読む

列車のように進む毛虫

caterpillars

オーストラリアで撮影された一列で進む毛虫。この映像はタイムラプスなので実際ももっとスローに動いています。アリのように匂いを残すのか列車のようにまっすぐですね。 続きを読む

超強化ガムテープ『FiberFix』

fiberfix

通常のダクトテープ(アメリカ版ガムテープ)の100倍の強度を持つという『FiberFix』のプロモ動画。車を覆ったパイプは溶接することなくFiberFixで巻いただけですが、崖から落としても壊れません。FRPみたいに硬質化するのかな?水にも強く、折れたシャベルでも復活するということで、持っていると何かに役立ちそうです。 続きを読む

美しいフライロッドDIY動画

top

フライフィッシングで使う竿、フライロッドの制作動画。オーストラリアのNick Taranskyさん作成。素材である竹を割って焼き、削り、接着して磨く。などなど150工程を経て美しいフライロッドへと変貌します。工程の一つ一つが勉強になる感じ。動画はMichael Hermanさんによって撮影されましたが、編集が素晴らしく、見ていると自分も作りたくなってきます。 続きを読む

タイのトンボ花火

fire

でかすぎだろw 続きを読む

二宮康明の紙飛行機

1

雑誌『子供の科学』で49年続いていた紙飛行機の連載が2016年9月号で終了とのこと。小学校でこの紙飛行機を作った覚えがありますが、風のすくない体育館でずっと飛んでいた記憶があります。この連載を担当していたのは二宮康明さん。機体デザインが美しいです。

今回49年の連載をまとめた『二宮康明の紙飛行機集 よく飛ぶ競技用機III: 新10機選7』がシリーズ最終刊として発売。収録されているのは二宮康明さんが設計してきたおよそ3000機の紙飛行機のなかから集大成となる競技用機を10機集めたもの。なにやら凄そうだ。 続きを読む

ベンチプレスの棒は折れない?

bar

ベンチプレスの棒がどれだけの重さに耐えられるか?という動画。この棒の正式名称はオリンピックバーというそうです。ちなみにベンチプレスの世界記録は500キロオーバーということで、その時のオリンピックバーはかなりしなっています。しかし、この動画ではなかなか折ることができず、最終的には1トン以上の重りを吊り下げます。意地になってるわ。 続きを読む

巨大『ノアの箱舟』実寸レプリカ

1

実際に存在したかどうかはさておき、聖書どおりのサイズのノアの箱舟テーマパーク『Ark Encounter』が米ケンタッキー州にオープンします。すべての動物が収められたとされる大きさは全長155mx横幅26mx高さ15m。たしかに収納できそうな絶妙な大きさです。実物を見てみたいですね。 続きを読む

これは怖い!台風1号ニパルタック

typhoon

今までも巨大な台風をいくつか経験しましたが、これは台風というか竜巻みたいなレベル。今月7日に台湾に上陸した台風1号Nepartak(ニパルタック)。最大風速55mだったそうですが、これはちょっと外に出られないですね。命の危険を感じます。 続きを読む

レゴでカメラのスタビライザー

stabiliser

レゴを使ったGoProのスタビライザーDIY動画。さすがレゴ。何でも作れます。GoProに限らず重量が軽ければスマホでも動作するとのこと。実用にはならないかもしれませんが制作過程を追っていくとスタビライザーの仕組みが分かります。 続きを読む