ワードプレス

ワードプレス(WP)でリンクにスクリーンショットのサムネ画像をつける

タイトルのままですが、リンクにブラウザから見たサイトのキャプチャ画像を追加します。WPプラグインのBM Shotsとまったく同じ事をショートコードで行います。

なぜプラグインを使わないかというと、個人的にプラグインをあまり増やしたくないのと、プラグインより手軽にカスタマイズできるからです。 続きを読む

今更聞けないJPG・GIF・PNGの使い分けとワードプレス(WP)での運用

jpgネットの3大画像フォーマットである「JPG・GIF・PNG」。皆さん適材適所で使い分けているでしょうか?

さらに大幅にファイルサイズを節約できる「JPEG mini」や「TinyPNG」といったサービスも浸透してきましたが、WEBデザイナーさん以外には、中々使いこなせないサービスかなとも思います。

本記事では、各画像フォーマットの使いドコロのおさらいと、ワードプレスに画像をアップした場合に自動作成される縮小画像との関連などをまとめてみました。 続きを読む

今年も安定のシングルXmasだからワードプレスに雪を降らす

santaGoogleで「一回転」や「斜め」と検索すると、画面が回転したりするイースターエッグ。楽しいですよね。今なら「xmas」とか「santa」でも控えめなイースターエッグが見れます。去年は「let it snow」で画面に雪が振ったんですが、もう見えないようで残念。

ならば自力でという訳で、ワードプレスに雪を降らしてみたいと思います。さらに雪を降らせるプラグイン「Snowfall」のパラメーターをGUIで変更できるコントロールパネルも作ってみました。 続きを読む

ワードプレス(WP)でコメントアウトするショートコード

HTMLのコメントアウト(これ→<!– –>)だとソースで見えるし、そもそもWPだとうまくいかないらしい。

なので何もしないショートコードでレンダリング時に消去することに。



function ignore_shortcode( $atts, $content = null ) {
    return null;
}
add_shortcode('ignore', 'ignore_shortcode');

使う時は、

[igonre]消えちゃうよん[/igonre]

参考

WordPress の本文内にショートコードでコメントアウトを埋め込む方法 | MOMENTS

ワードプレス(WP)で導入した全プラグインを曇りなき眼で見定め

先日のWPクラッシュでDB破損した経験から身軽なWP運用に切り替え中です。

最初は各プラグインの効果がどれほどか謎なので何でもかんでも入れてみましたが、良い機会なので全て見なおしました。

身軽な運用って具体的には機能追加をプラグイン主体からテンプレ編集&ショートコード主体に。プラグインは沢山入れるとシステムが複雑になってトラブル時に原因究明が難しくなるし、改造するとアップデートで再改造が面倒になりアプデを見送るようになるからセキュリティ的に当然ダメ。

何らかのプラグインが動作不良を起こしてDBが破損、さらに管理画面にもアクセス出来ない自体が発生するのなら、責任がないフリープラグインは凶器にもなる。

そんなデメリットを考えると、プラグインほど高機能じゃなくとも出来るだけテンプレートとショートコードで対応することで、サクサク動作のシンプルな運用に加え、テーマフォルダのコピーだけでWPのクリーンインストールが出来るようになる。

いつでもクリーンインストールが出来るという心理状況は気楽だし、アップデートも欠かさず行えるので常に最新のシステムだぁヤホーイ☆彡 続きを読む

ワードプレス(WP)のFacebook用OGPをWP-OGPプラグインからショートコードに変更

先日のWPクラッシュの教訓で、DB破損という恐ろしい事態に備えたWP運用に切り替えています。WPをクリーンインストールしてからプラグインはかなり厳選して導入しています。

記事をポストした時は自動的にtwitterとFacebookにも投稿するようになっていましたが、これはtwitterfeedというWEBサービスが行なっていたので、クリーンインストール後もそのまま引き継がれました。

しかしFacebookへの投稿で、サムネイルに他の記事のアイキャッチ画像が選ばれるという現象が発生していました。原因は各SNSのブックマークボタンを導入した時のWP-OGPプラグインを再導入していなかった為です。

しかしWP-OGPにはバグがあり改造を必要としたので、今回はショートコードで対応することにしました。 続きを読む

ワードプレス(WP)でソースコード表示にプラグインはデメリット多いから中止

先日のWPクラッシュで全記事のexport&importとクリーンインストールをしたが、まだワードプレス(WP)でソースコードを綺麗に表示で導入した WP-Syntaxを再インストールしてなかったので、記事内のソースコード表示に失敗していた。

再び導入すれば問題は解決するんだけど、今後の運営方針として出来るだけプラグインは使わない事にしたし、ソースコードを整形してくれるプラグインって、多すぎる対応言語のせいか動作も重く、あまり気に入っていなかった。

ソースコード整形の仕事は、それぞれの言語の命令などを強調表示するわけだけど、対応言語を考えると命令の辞書だけで相当大きなサイズになるしマッチング負荷も高くなる。その負荷の大きさで得られる対価が強調表示というのは何とも。行番号は便利だがコピーで邪魔になるし、それほど必要な情報でもない。

なのでショートコードとCSSでシンプルに表示することにした。 続きを読む

ワードプレス(WP)が壊れたので再インストール&経験から学んだ運用術

昨日のエントリーで「データベース接続確立エラー」からの復旧を書いたんだけど、原因のハズだった「DB Cache Reloaded Fix」プラグインは無効化してあるのに、数時間後に再び「データベース接続確立エラー」が表示される。

また色々と試行錯誤してみる。今回は過去のDBのデータをインポートしても復活しない。ようやく管理画面にログインできてもテーマやプラグインを全て認識していない。(´・ω・`)

問題が複雑なので復旧は厳しいと判断。管理画面で記事データをエクスポートしてWPを新規にクリーンインストールすることに。

いい機会なので今までの運用経験を生かした設定を考えました。 続きを読む

ワードプレス(WP)で突然「データベース接続確立エラー」の対処

この記事の結論に「DB Cache Reloaded Fixが原因」とありますが、その後DB Cache Reloaded Fixが無効の時にも「データベース接続確立エラー」が発生しました。しかしDBデータがおかしくなった原因にDBキャッシュが関係してそうと感じてます。
ワードプレス(WP)が壊れたので再インストール&経験から学んだ運用術

ワードプレスを運用中に「特に何もしていないのに」データベース接続確立エラーが発生した場合の対処です。「ワードプレスのインストール時」とか「wp-config.phpでDBのユーザー名やパスワードの間違えている」とかではないです。

結論から言えばエラー内容は「データベース接続確立エラー」ですが、データベースは問題ありませんでした。プラグインの「DB Cache Reloaded Fix」が問題のようで、なんとか管理画面にアクセスして無効化とキャッシュの削除をすれば元に戻ります。

ちと長いですが原因特定までの流れを記載しておきます。 続きを読む

ワードプレス(WP)で過去記事のリンクをアイキャッチなどを含めて出力

過去記事のアクセスランキングなどで以前書いた記事を大量に紹介したいとき、文字リンクなら管理画面でも作成できますが、アイキャッチ画像付きなどとなると一筋縄ではいきません。

アイキャッチ画像のURLを調べてリンクを作成するのは面倒です。 そこで簡単な指定でアイキャッチつきのリンクを作成してくれるショートコードを作成しました。 続きを読む