空飛ぶマシン『Flyboard® Air』

1

フランスのZapata Racing社が開発中の『Flyboard® Air』。夢の空飛ぶマシンです。Zapata Racing社は近年マリンスポーツで水圧飛行するボードを販売している会社です。この新しいマシンは最大航続時間が10分、最大飛行距離3キロ、トップスピード150km/hというスペックで、背中に燃料を積んでます。ロサンゼルス・オリンピックのジェットパックは30秒しか飛べませんでしたが、これは10分という低燃費。とにかくインパクトがあるので、数年後にはショーやイベントで大人気になりそうです。

2

3

 

 

広告