人と区別できないツイッターbotを作ってみる

現在、ぷらすぶろぐで最もアクセスの多いコンテンツはトレンドbotです。記事ではないのは悲しい所ですが、トレンドbotのアクセスの秘密はツイッターからの流入です。

ユーザーはツイート検索でトレンドbotを発見し、その後ぷらすぶろぐに訪れてくれています。

このような流れをシステム化する為に、ホームページ宣伝用のツイッターbotを作成してみます。

トレンドワードの強み

トレンドbotのつぶやきは急上昇ワードばかりなので、ツイート検索にヒットしやすい状況です。普通のつぶやき内容では、それほど検索されることはないはずなので、新しいbotでは、こちらからフォロー申請というアプローチをする必要があります。

つぶやき内容

つぶやき内容は最新のニュースなどをウェブAPIから拾い、マルコフ連鎖で140文字に要約します。その他、挨拶、今日の格言、今日の誕生花などのコンテンツを用意しておきます。朝に起きて夜寝るというルーティンにします。コンテンツは核なのでバリエーション豊かに、人のようである必要があります。

フォロワーとの会話

辞書型の人工無脳をコアとすることで、フォロワーとの会話は全自動となるようにします。フォロワーが挨拶などをつぶやいたら、出来るだけ返せるような仕組みなど。

2週間程でプロトタイプが公開できたらと考えています。プロジェクト名はネクサスとします。ブレードランナーのネクサス6型からです。

 

広告