モチベーション維持とダイエット

私は一人でWEBサービスやソフトを開発するフリーランスで4年目を迎えている。気取って言えば、いま話題のノマドワーカーと言えないこともない。

最初はやる気に満ち溢れて飛ばしまくっていたが、慣れてくるとモチベーションを維持するのが難しくなってきた。会社組織を離れて一つ言えるのは、会社のような強制力がないと人はだらける。見られてないとシャンとしないのだ。

そんなわけで、どうすればモチベーションを維持できるのか?と考えることが多い。具体的な目標を決めるとか、小さな成功を積み重ねるとか、仕事上の成功術やマインドセットは今日は置いといて、この1年間で試行錯誤したのは体が資本という言葉どおり、健康管理という点だった。

なかなか仕事に集中できなくて、ついツイッターやSNSなどを見てしまう。というのは、経験者なら分かると思う。もう少し抽象化すると、受け身で軽い刺激を手に入れたいのだ。私もちょっと油断するとスグにチェックしてしまう。

どうして仕事に集中できないのかと考えてみると、私の場合は、体がだるかったりして集中できない時が多いのではないかと思い至った。自己啓発のおかげで思考術に関してのノウハウに不足はなく体調に原因があると踏んだのだ。

この1年でタバコを辞めたり、ベットのマットレスを買ったり、鼻うがいを始めたり、サプリメントを飲むようになったり、ジェットウォッシャーを使い始めたりと健康志向が高まっているが、今はダイエットをしている。毎日のウォーキングも5→10キロに増やした。

久しぶりにダイエットをして感じているのだけど、カロリーを多く摂取した方がエナジーが湧きそうなのに、低カロリー生活でもエナジーが減退するどころか、逆に集中力が上がっているのだ。これは嬉しい誤算。

あれ、こうして書いてみると、そんなの当たり前のような気がする。。。書く前はネタになりそうなレベルの発見かなと思ったが、カロリーを摂り過ぎて活力に溢れるんだったら、太ってる人はみんな快活になってなきゃヘンだよね。食べたい欲求を正当化するために自分を誤魔化してたんだな。

自分の生活って、こうして客観視してみないと、意外と妥当な判断ができていないのかもしれない。これを軸に書いたほうが面白いエントリーになったかも・・・と反省。

ジブリの食べ物はどれも美味そう。ポルコのホワイトソースのムニエルと白ワインいい。

 

広告