音楽

死ぬまでに聴いておきたい一枚

1982年に発売されたCDアルバムなんですが、久しぶりに聴いてみたら、やっぱり凄いんです。「もう誰もこれを超えられないのでは?」と思うような世界観で、良いものは輝きを失いません。ロキシー・ミュージック8枚目、彼らの最後のアルバムってことで気合の入り方も尋常じゃなく、ブライアン・フェリーの歌唱力も極まってます。それで何が凄いって空間の演出なんです。このアルバムはAvalonっていう仮想の世界を実際に音楽で築くことに成功してて、集中して聴けばそこに連れてってくれます。 続きを読む

おじさんホイホイPV『Tomorrow』

おじさん。具体的にはアラフォーより↑にどストライクなPVが発見されました。Electric Youthの『Tomorrow』。80′sのFMシンセの音が何ともやさしく、次第に女性ボーカルに包まれていきます。たまには思い出に浸る時間が必要なのです! 続きを読む

8BIT×女性ボーカル『Deerful』

1

ピコピコ8bitサウンドと女性ボーカルの組み合わせが新鮮なアーティスト『Deerful』。その不思議な世界観をさらに増長させる、白黒VHS風のPV『Before Us Comes The Flood』。VHSを知らないデジタル世代には逆に目新しいのかも。

このPVで初めてDeerfulを知りましたが、このピコピコサウンドはゲームボーイのシンセで作曲してるみたい。おもしろい。 続きを読む

新5ポンド札でレコード再生

1

イギリスで9/13から使われている新しい5ポンド紙幣。プラスチックフィルム採用で水に強く、さらに偽造防止のホログラムを導入するなど、数々の最新技術が詰め込まれています。その上さらにレコードまで再生できるという機能?が発見されました。実用性は低いかもですが、針がない時にレコードの簡易チェックができますね。 続きを読む

癖になるa-haのtake on me

top

やはり主役の動きが一番きれてる。3人目の表情もいい。なんだこいつら格好いいな! 続きを読む

予算凄そうColdplayのPV

top

印象的な合成シーンが満載のColdplay『Up&Up』のPVです。合成クオリティがやたら高くてハリウッドの映画並み。予算凄いんでしょうな。見る価値のある作品です。さすがトップ・アーティストでござる。 続きを読む

ぜひHDで見て欲しい、ゴリゴリ動くパーティクルPV『Sunday』

1

ぜひHDで見て欲しい、大量の点(パーティクル)がスムースに動きまわるSissi Radaの『Sunday』という曲のPV。ドーナッツや自転車、ネコなどが動きまわる姿はポリゴンに見慣れた目には逆に新しく感じます。

分かる人にはピンときますが、技術的にはMicrosoftのKinectを使っています。Kinectの入力データをVVVVというビジュアルプログラミング言語でCinema4Dに繋げてレンダリング。最後にAfter Effectsという流れだそうです。 続きを読む

DeepDreamのハッピーな夢

1

バンドYears & Yearsの『Desire』のPVをDeepDreamにしたバージョン。Brian Harrisonさん作成です。通常DeepDreamを通した映像は、大量の目や顔が出現して、まるで悪夢のような映像になります。それはインパクトのある映像ではありますが、どこを見ればよいのか脳が混乱し、長くは見ていられない感じがします。

その点このPVは、見ていても(比較的)気持ち良い映像が集められているので、DeepDreamが稀に見るハッピーな夢かもしれません。 続きを読む

建設的なメタル音楽

3

メタル音楽といえば攻撃的で破壊的(destruction)なイメージですが、逆に建設的(construction)な動画『Metal Construction』。ただ建設現場で頭振ってるだけとはいえ、いい人そうです。

悪魔崇拝や猟奇的なイメージもあるメタルですが、その歴史を紐解いた映画『メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー』を見ると、意外とみんな暖かだし、大人視点で見れば、そのイメージもマイノリティを対象にしたビジネスであるという現実が垣間みえたりします。 続きを読む

フロッピー&HDDによるグランジ・ロック

1

HDDとフロッピーディスクの動作音で演奏したNirvanaのSmells Like Teen Spirit。ペロー、ピローってかんじです。Arduino と Raspberry Pi で制御される装置はArganalthさんによって作成されました。このシリーズの歴史は長く、最初は動作音と相性の良いゲーム音楽などがメインでしたが、いよいよグランジ・ロックに進出。でもフロッピーの動作音を知ってる人も随分減ったでしょうね。 続きを読む