仕事術

超落ちてました

ブログ、しばらく休憩してました。前回の記事では「いろいろあって・・・」なんてお洒落に書いてますが、実はすこし大変な時期でした。

すべてに熱意を失っていたんですね。 続きを読む

世界の職人芸 ピザ多め

1

GIFだと分かりにくいけど2つめのピザのおっさんが凄いかも。あとピザをカッティングする人も凄いぞ。。。なぜかピザ関係が多いという気付き。Youtubeの動画だと軽快な音楽がマッチして気持ちよいです。 続きを読む

ホームエレクターのススメ

room1

先日、ホームエレクターで新たに棚を作って、スピーカー台としてデスク奥に設置しました。スピーカーは2wayの中型でそれなりの大きさだが、今までは机の上で場所をとってた。よく見ると写真にも跡が残ってます。

この机もホームエレクター製で、この写真を撮るために奇麗に片付けたけど、いつもは資料や本が散乱してます。スピーカーが消えて広々と使えるようになりました。ちなみに机の天板は120cm✕60cmで、ホームエレクターで選べるウッドシェルフの最大サイズ。

ホームエレクターは15年くらい前から使い始めて、それ以来ずっと棚と机はエレクターで統一。とっても満足しているので、ホームエレクターのススメを。 続きを読む

立ったままデスクワークに、ダンボール製スタンディング・デスク

1

ダンボール製のスタンディング・デスク。デスクワークも立ったまましたほうが座りっぱなしより体に良い、と言われていますが、専用の机を用意するのは大変です。でも、これなら気分によって手軽に組み立てられるので良さそうですね。Kickstarterにて180NZDもしくは140USD。セカンドデスクに欲しいなあ。 続きを読む

デスク周りのエボリューション

1

1980年〜現在までのデスク周りの進化の過程。PCもそうですが、WEBの進化とも言えるかもしれません。このGIFはgrofjardanhazyさんによって作成されましたが、元は机のレビューサイトによるプロモーションで、動画ではなくHTML+JS+CSSで作成されています。WEB技術に長けた人なら、動画を作るより手軽にアニメーションを実現できるかもなと考えると、WEBも進化したなと感じました。 続きを読む

海外Macユーザーの仕事環境

1
Jeff Sheldon

海外デザイナーの仕事環境。皆さんMAC&dribbbleユーザーです。ディスプレイを壁掛けにしているMac miniユーザーや、壁一面の黒板にロゴが描かれていたり、住宅事情によっては簡単に真似できないかもしれませんが、理想のワークスペースの参考になるかもです。 続きを読む

オカムラ・バロンのキャスター問題

ほぼ1日座りっぱなしの生活なので、せめて椅子だけは良い物をと厳選したオカムラのバロン。メッシュシートがめくれてしまうトラブルには泣かされましたが、クッションシートに交換してからは特に問題もなし。座りっぱなしでお尻が痛くなるのもボディドクターで解決しました。

しかし1年程たったころから床のタイルに黒い汚れがつき始めました。どうやらキャスターの跡の様子。うちは賃貸物件でフローリングではないんですが、木目調の堅いタイルです。キャスターにも同じ汚れがこべりついており、それは定規などでこそがないと取れません。 続きを読む

リモートデスクトップのSplashtopに出会えてよかった

1

WindowsやMacをリモートデスクトップで操作できるソフト『Splashtop』が凄すぎでした。今更っぽいけどエントリー。根底からNexus7の使用用途が変わるかもしんないレベルの出来で恐ロシア。

今までリモートデスクトップは使い慣れたVNCを使っていまして、Nexus7から母艦PCを操作するのは稀なんで特に不満もなかったんですが、Splashtopを試してみたら目から鱗というか、別次元の速度ですねコレ。 続きを読む

ジョブスやザッカーバーグなど有名人の仕事環境

2
Facebook Mark Zuckerberg

有名人のワークスペース。Famous Workspacesというtumblrから。できる人たちの作業環境は気になります。

IT系、アーティスト、政治家と、仕事によって理想の環境も変わってくるわけですが、鉄板としては整理しすぎないという感じで、適度に散らかってる状態が良いのかも。ザッカーバーグは普通の社員って感じで、なんか好感持てます。 続きを読む

Chrome専用の音声認識テキスト化WEBアプリ『Chrome書記』

chrome『Chrome書記』はマイクの音声からテキスト文字に変換するWEBツール。印刷物の文字起こしなんかに使えると思います。

Google音声認識を利用しているので、しっかり発声すれば、とても精度が高いです。Chromeのv25から導入されたWeb Speech APIを使っているので最新のChromeのみで動作しますが、Androidでは今のところ使えません。

認識した文章は、それぞれ変換候補も選べるので役立つと思います。 続きを読む